【近年の葬儀】家族葬とは?

家族葬とはの写真

家族葬とは

家族葬とは小規模に執り行う葬儀のことで、名前の通り遺族と親族を中心に、親しい友人や知人のみを招く形を指します。参列者数は多くても30名ほどと少なく、多くの人に広く集まってもらうよりも、特に親しい人達と密度の濃い時間を過ごすのが目的となっています。家族葬の具体的な定義はありませんが、小規模で価値ある時間を特別な人達と共有する、そんなイメージで一般的に浸透している様子です。参列者の数が限られることで、遺族と親族は生前お世話になった人の顔や名前がハッキリと分かりますし、時間を掛けて気持ちも伝えられるようになります。これまでの規模の葬儀だと、1人あたりに掛けられる対応の時間が少なく、手短に済ませざるを得なかったのがネックです。しかし、家族葬という規模を縮小した葬儀を選択すると、ごく限られた人達の間で、故人との思い出や特別な気持ちが共有できます。丁寧な挨拶やお礼を妨げていた時間の問題も、規模を小さくすることで解決できるようになったといえるでしょう。ただ、完全に遺族や友人知人のみで執り行うわけではなく、当然ながら僧侶を招いて読経をお願いすることになります。基本的には一般的な儀式に則っているので、単純に規模が小さくなった形と理解するのが正解です。お通夜や告別式は勿論、火葬も行うことになりますから、必要な手続きは一般的な形と同様です。大きな違いがあるとしたら、それは喪主や遺族の負担を減らすことができて、時間的にも余裕のある対応が行える点です。

葬儀 千葉